教育センターについて

教育センターは、医学科・看護学科の教育を体系的に計画することを目的に平成19年に設置されました。教育センターは、カリキュラム部門、共用試験部門、臨床実習部門、チュートリアル教育部門、地域医療教育部門、FD・授業評価部門の6部門で構成されています。平成20年には「高大病連携によるふるさと医療人育成の取組」が、文部科学省選定GP「質の高い教育プログラム」に選定されました。

教育センターでは、教育システム及びカリキュラム、チュートリアル教育、共用試験(CBTおよびOSCE)、卒前臨床実習、地域・へき地医療教育、早期体験実習、へき地医療実習および看護学実習、FD活動、授業評価、その他教育及び学生支援に係る中期計画等の実施に関することの調査および研究並びに企画、実施および評価等に関する業務を行っています。
 

沿革

平成19年 教育センター設置
      副センター長として蒔田芳男教授が着任
平成21年 井上裕靖講師が着任
平成28年 副センター長として佐藤伸之教授が着任
平成30年 センター長に吉田成孝教授が着任
      齊藤江里香助教が着任(兼務)
令和元年  副センター長として野津司教授が着任
      センター長に西川祐司教授が着任